×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HomeBMXを値段で選ぶ

BMXを価格・値段で選ぶには

BMXの完成車は、その価格によって大幅にクオリティなどが変ってくるので全く知識がない方が「安いから」という理由だけで購入するのは危険です。ここではBMX完成車が何故、価格によってこれだけも違いがあるのかご説明します。

安いBMXはどこがダメなの?

今までに安いBMXで技をしてすぐに壊れてしまった人を何人も見ています。一度コケただけでリム(タイヤがついているホイルみたいな部分)が曲がったりなども目撃しました。 それは2万円くらいのホームセンターなどで売っているどこのメーカーかも分からないBMXでした。

そこでこの安いBMXを直そうとしても普通のBMXとは違うのでパーツが合わなかったりします。

つまり安いBMXは、「BMXの形をしたママチャリ」と同じなのです。ママチャリのパーツがBMXに合うわけがありませんし、強度もないので技をすればすぐに壊れてしまいます。

では、どのくらいの値段のBMXならいいの?

BMXで技をするのを目的として買うなら最低でも5~6万円くらいのBMXブランドからでている完成車をオススメします。
BMXのブランドはこちらサイト様から確認できます

このくらいの価格のBMXは正直パーツ自体はあまりいいものはついていませんが、フレームの規格がキチンとしていますので、壊れたパーツも交換できます。

もし、予算に余裕があるのであれば10万円前後の完成車を購入すれば、パーツも単品で売ってあるものが付いていますので、すぐに壊れるといったこともなく、重量もかなり軽いものがほとんどです。

安いBMXと高いBMXのまとめ

ちょっとした移動手段だけという点でみれば、1万円台の安いBMXでも問題ありません。しかし、BMXには泥よけや、カゴなどといった通常の自転車についているものも付いていませんし、 20インチというコンパクトなサイズなので、長距離には向いていません。
長距離や街乗りをお考えの方は24インチの大きめなBMXもありますので、そちらをオススメします。

どうしても、予算がない場合はオークションというのも一つの手ですが、BMXの知識が全くない初心者の方が出品者のコメントだけを信じてオークションをするのは自殺行為です。万が一、落としたBMXが無名ブランドだったり、おかしなパーツがついていても誰も責任をとってくれませんし、保障もありません。

安いBMXは修理も困難ですし、ママチャリと同じような使い捨てと割り切って購入したほうが懸命です。

技がしたいという目的のためにBMXを購入するならやはり、BMXブランド+価格はさけては通れないところです。

ページトップへ
Copyright (C) 2011 BMXを買いたいBMXを始めたい初心者の方へ|BMXを選ぶポイント All Rights Reserved.